オンラインカジノは合法ですか?違法ですか?法律を確認しましょう!

オンラインカジノ合法オンラインカジノガイド

オンラインカジノを楽しもうと思ったら、まず心配するのはやはり合法性ですね。

次の記事では、日本国内の法律の観点から、ネットカジノが違法かどうか見てみましょう。

最後に安心してオンラインカジノを楽しめるサイトをご紹介させていただきます。

  1. オンラインカジノは日本で禁止されていますか
    1. 賭博に関する日本法律
    2. ネットカジノプレイヤーの摘発、逮捕について
  2. 絶対に合法で安全性が抜群のオンラインカジノトップ3
    1. 日本のギャンブルに関する法律
    2. 日本で公式に運営されているスポーツブック
    3. 現代日本の宝くじ
    4. パチンコ店と日本の法律
    5. 日本のギャンブル法とカジノ
    6. 世界のギャンブル事情
    7. 日本の賭博法とオンラインカジノ
  3. オンラインカジノ変化する法律
    1. オンラインカジノ変わる法律。日本最古の賭博禁止法
    2. オンラインカジノの法律の変遷。戦国時代の丁半博打
    3. 法律を変えるオンラインカジノ賭博が多様化した江戸時代
    4. 花札からグローバル企業へ
    5. オンラインカジノ変わる法律・現代日本のギャンブル
  4. オンラインカジノの合法性をわかりやすく解説してくれる動画!
  5. オンラインカジノ法合法か禁止か:どちらを選ぶかの考え方
    1. ギャンブル合法化のメリット
    2. 合法ギャンブルのデメリット
      1. 未成年者のギャンブルを禁止する
      2. 依存症対策としてのセルフコントロール機能
      3. 依存症相談機関との提携
    3. オンラインカジノの法律合法か禁止か。賭博禁止法の利点
    4. 賭博を禁止するデメリット
    5. オンラインカジノに関する最新意識調査の紹介動画!
  6. 安心してオンラインカジノを楽しむ方法
    1. 海外オンラインカジノは違法ではない
    2. 日本でネットカジノをプレイするのがなぜ安心なのか
    3. 安心してオンラインカジノを楽しめるウェブサイト
  7. まとめ:オンラインカジノは日本でも合法

オンラインカジノは日本で禁止されていますか

多くの方は既にご存知かもしれませんが、現在、日本ではオンラインカジノの活動を制限する法律がありません

裁く法律がないということは、基本的にネットカジノは合法でも違法でもありません。そういうことは法律の「グレーゾーン」と言います。

白も黒でもないので、正に「グレー」ですね。簡単にまとめると、日本でオンラインカジノは禁止されていないので、安心して楽しむことができます!

賭博に関する日本法律

オンラインカジノを含むいわゆる「ギャンブル業界」の主な法律は賭博罪(賭博及び富くじに関する罪です。簡単に説明すると「結果が偶然に決められるものに儲ける」ことが禁じられています。

ただし、パチンコ、競輪など国に認められているギャンブルは対象外となります。

ネットカジノにつきましては、その活動が確かに他とギャンブルと同様にその法律に該当するように見えますが、実はその法律が日本国内のみで適応されています。

つまり、オンラインカジノのプレイヤーが賭博罪に問われることがまずありません。

オンラインカジノに関する質問主意書

ネットカジノプレイヤーの摘発、逮捕について

上記の情報を聞いてまだ不安になっている方もいらっしゃると思います。

オンラインカジノ逮捕事件

その理由はおそらく2016年に起きたオンラインカジノプレイヤーの摘発事件です。

海外のインターネットのカジノサイトで賭博をしたとして、京都府警は10日、賭博(単純賭博)の疑いで埼玉県越谷市の制御回路製作会社経営、関根健司(65)▽大阪府吹田市の無職、西田一秋(36)▽埼玉県東松山市のグラフィックデザイナー、中島悠貴(31)-の3容疑者を逮捕した。府警によると、無店舗型のオンラインカジノの個人利用客が逮捕されるのは全国初とみられる

出典元:https://www.excite.co.jp/news/article/Imedia_084060/

当時は日本人のプレイヤー3人が逮捕されて、ギャンブルのファンの間に大騒ぎになりました。

しかし、結果として3人とも解放されて、20万ぐらいの罰金を支払って無罪と判断されました。

当事者の印象として、「交通違反みたいな感じ」で終わらせてしまいました。それ以降、ネットカジノの利用者数が増えている一方、摘発事件、逮捕事件などがゼロのままです。

すなわち、オンラインカジノのプレイヤーの99.9パーセントが摘発・逮捕されることがありません。

絶対に合法で安全性が抜群のオンラインカジノトップ3

ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノはBreckenridge Curacao B.V.によって運営されており、キュラソー島のライセンスを取得しています。使用しているPlay'n GOなどのゲームソフト会社は、第三者機関による監査を受けていますので、安心してゲームをお楽しみいただけます!

レオベガス
レオベガス

レオベガス は、マルタのライセンスだけでなく、世界で最も厳しい英国のライセンス、さらにスウェーデン、デンマーク、イタリア、スペイン、アイルランド(スポーツ)のライセンスを取得し、運営しています。また、レオベガス の運営会社である レオベガス AB は、ナスダック・ストックホルムの上場企業であり、内部情報や会計管理など、第三者による監査を定期的に受けています。これは、レオベガス が目指す企業文化の一部です。

カジ旅
カジ旅

カジ旅の運営会社は「Hero Gaming Ltd」という会社で、「Net Entertainment」という会社が制作しており、「Betsoft Gaming」と「PLAY´n Go」も共同で開発しています。運営は主にスウェーデンで行われていますが、オンラインカジノの運営ライセンスとHero Gaming Ltdの本社はマルタにあります。Net Entertainmentは、ストックホルム証券取引所に上場している欧州では有名な企業です。同社は、ストックホルム証券取引所に上場しており、ヨーロッパでは有名な企業です。ストックホルム証券取引所は、スウェーデンとフィンランドの主要な証券取引所です。スウェーデンとフィンランドの有名企業のみが上場しているということは、カジタビが信頼できる企業であることを示しています。

日本のギャンブルに関する法律

日本におけるギャンブルが違法であることは事実です。主な法律の一つに「賭博及び宝くじに関する罪」という法律があります。

公営ギャンブル日本

特殊な法律としては、「競馬法」(ホースレース)、「自転車競技法」(バイシクルレース)、「モーターボートレース法」(ボートレース)、「小型自動車競走法」(オートレース)、「宝くじ法」(ロトチケット)、「スポーツ振興投票の実施に関する法律」(スポーツ振興くじ)などがあります。

公営ギャンブルや宝くじが合法なのは、これらの特別な法律があるからです。

日本で公式に運営されているスポーツブック

スポーツブックの場合、中央競馬や地方競馬、競輪、競艇、オートレースなどが公営ギャンブルとして運営されています。

運営団体には、特殊法人、地方公共団体、財団法人などの種類がありますが、いずれも国の管轄となっています。

totoのスポーツブックは、正式名称を「スポーツ振興くじ」といい、財団法人日本スポーツ振興センターが運営しています。

現代日本の宝くじ

日本の宝くじ

スポーツブックに加えて、もう一つの合法的なギャンブルの形態は、日本宝くじ協会が主催する宝くじです。

宝くじは、いわゆる「富くじ」で、ロトはその一種です。宝くじはもともと、神社やお寺が主催していました。

江戸時代(1603-1867)には、日本で最も大きな神社が宝くじを主催しており、多くの人々が宝くじを当てようと神社を訪れていました。

庶民にとっては、正月に福を求めて神社に参拝することは大きな楽しみだったのです。

パチンコ店と日本の法律

パチンコ

現代の日本のパチンコ店で最も人気のある機械の一つが、パチスロ機です。

パチスロは、オンラインカジノのスロットによく似たゲームです。パチンコ店は、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」に基づいて、法的に管理・運営されています。

パチンコのゲームでは、勝つとパチンコ店から小さな賞品が渡されます。この小さな景品は、パチンコ店の景品交換所で現金に交換されます。

つまり、パチンコで現金を得ることは違法ですが、景品を得ることは違法ではないのです。

景品を現金化すること自体は違法ではありません。これが合法とされている理由です。

日本のギャンブル法とカジノ

日本では、店舗型のカジノは違法です。

しかし、2018年7月の「IR実施法案」の成立により、IR事業の一環としての店舗型カジノが一部合法化されました。

IRとは、カジノ、ホテル、劇場、遊園地、展示場、ショッピングモールなどの観光施設を含む総合的なリゾート施設のことです。

世界的に有名なラスベガス、マカオ、シンガポールなどのIRは、国民経済に大きく貢献しています。

日本の観光振興のために、IRプロジェクトを成功させるために、賭博法が制定されました。

世界のギャンブル事情

賭博が法律で禁止されている国は、世界でも数少ないです。

マカオやラスベガスのような国は、国際的な主要観光地として発展しています。

多くの国では、ギャンブル、カジノ、スタジアムが文化の一部となっています。

有名人がドレスアップしてイギリスの競馬場やフランスのドッグレース場に行く様子がテレビのニュースで報道されています。

日本の賭博法とオンラインカジノ

日本では、IR事業場として特に認められていない場所で、カジノなどの賭博場を運営することはできません。

たとえ経営者が外国人であっても、日本の法律を厳守しなければなりません。

ただし、オンラインカジノは基本的にギャンブルが合法な国の事業者が運営しています。

ライセンス発行機関も賭博が合法な国の人です。サーバーも賭博が合法な国にあります。違法なことはどこにもありません。

オンラインカジノを運営しているのは、外国のギャンブルライセンスを持つ外国企業であり、サーバーも外国にあります。

つまり、日本の賭博法をオンラインカジノに適用することはできません。

これが、オンラインカジノが日本の賭博法で違法とみなされない理由です。

オンラインカジノ変化する法律

オンラインカジノ法律

賭博が法律で禁止されている国は、世界でもごく少数です。多くの国では、ギャンブルを合法的な娯楽として認めています。

オンラインカジノ ほとんどの国では、ギャンブルを合法的な娯楽として認めていますが、何らかの規制を課しています。

日本では、賭博罪には、賭博、常習賭博、詐取の共謀、宝くじなどがあります。

では、オンラインカジノのようなギャンブルを合法化するのが良いのか、それとも禁止するのが良いのか。

オンラインカジノ変わる法律。日本最古の賭博禁止法

双六

日本では、奈良時代(710-794)にはすでに賭博を禁止する法律が制定されていました。

奈良時代に最も人気のあったギャンブルは双六でした。当時は、牛や馬を使って遊んでいたと言われています。

当時の天皇が双六を禁止したのは、農民が双六に夢中になって農作業をやめてしまったからだと言われています。

しかし、現代では、双六は子供向けのボードゲームとして残っています。

オンラインカジノの法律の変遷。戦国時代の丁半博打

丁半博打

丁半博打は、日本人に馴染みのあるギャンブルですが、その起源は戦国時代にあります。

戦国時代に、それまでのサイコロだけを使った双六よりも人気があったことが起源とされています。

2つのサイコロを鍋に入れて、その結果が奇数か偶数かを競うというシンプルなゲームで、庶民や下級武士に人気がありました。

このゲームは、カジノのクラップスに似ている。

また、当時の武将たちに人気があったのが、ポルトガルから伝わった「かるた」。

上流階級のギャンブルとして人気を博した。かるたの人気は江戸時代(1603-1868)まで続き、何度も禁止されました。

法律を変えるオンラインカジノ賭博が多様化した江戸時代

富くじ

江戸時代になってもかるた熱は冷めず、上流階級から庶民までがかるたを賭けて楽しむようになりました。

そのため、江戸時代になって再び「かるた禁止令」が出されたのである。

いくら禁止しても、かるた熱は収まらず、人々はかるたではないが、かるたに似たものを発明した。

それが花札です。花札は現在も製造されており、そのデザインは世界中で高く評価されている。

江戸時代(1603~1868)になると、初めて公営ギャンブルが導入された。それが「富くじ」である。主催者は寺社で、くじは大晦日や正月、縁日やお祭りのイベントとして広く親しまれた。

宝くじの仕組みは現代の宝くじとほぼ同じで、神社やお寺が集客や資金調達のために開催していました。抽選会を行うためには、時の政府である江戸幕府の許可が必要だった。

出雲大社には、くじ引きで町を大いに繁栄させたという記録が残っている。

しかし、影武者と呼ばれる闇のイベントが増えたため、宝くじも禁止されてしまいました。

花札からグローバル企業へ

任天堂は、明治時代に花札メーカーとして京都で創業しました。1990年に発売された「スーパーファミコン」は、日本にコンピュータゲームを根付かせるきっかけとなりました。

「スーパーマリオ」シリーズは世界中で大ヒットし、「とびだせ どうぶつの森」シリーズは今でも子どもから大人まで幅広い層に人気があります。

今や任天堂株式会社として世界的な企業となったニンテンドースイッチのホームページには、花札の代表的なゲームである「こいこい」の遊び方が詳しく紹介されています。

オンラインカジノ変わる法律・現代日本のギャンブル

大阪IR法案

現代の日本では、競輪、競馬、競艇、オートレース、宝くじ事業はすべて公営ギャンブルです。

また、パチンコ店も盛んです。オンラインカジノは、大手や有名なサイトが日本のサイトを開設しており、人気が高まっています。

2016年12月には、通称「カジノ法案」と呼ばれる「統合型リゾート(IR)開発推進法案」が成立した。

カジノ法案(IR)開発推進法案)の正式名称は、「特定複合観光施設区域の整備の促進に関する法律」です。

この法律の目的は、長らく停滞していた日本経済を活性化させることにあります。

観光による海外からの旅行者の誘致、大型観光施設の建設による周辺地域のインフラ整備、周辺地域の雇用の活性化などを目的としています。

IR法案でのカジノの扱いは、経済特区としての地域でのギャンブルを合法化するためのものだ。

この法案によって、日本人のギャンブルに対する考え方が変わることは容易に想像できます。

オンラインカジノの合法性をわかりやすく解説してくれる動画!

オンラインカジノ法合法か禁止か:どちらを選ぶかの考え方

ギャンブルが合法化されている海外の国の人たちは、依存症や、経済が痰を吐くという意識を持っているのでしょうか?

もちろん、答えは明白です。海外でも、ギャンブル依存症や、依存症による大きな借金、それによる経済の破綻に対する恐怖心があります。

では、なぜギャンブルを合法化するのでしょうか?

ギャンブル合法化のメリット

ギャンブルが合法である国では、ギャンブルビジネスに法的な制限があります。

法的規制は、違法な組織には課せられません。

法的規制は、合法的な組織に対してのみ実施されます。

合法ギャンブルのデメリット

合法化されたギャンブルのデメリットを考えてみましょう。合法化されたギャンブルは、誰でも簡単にギャンブルができるようになります。

ギャンブルをする人の数が増えるということは、依存症になる人のリスクが高くなるということです。

オンラインカジノは、依存症のリスクを減らすために、様々な対策を講じています。

未成年者のギャンブルを禁止する

ギャンブルが合法な多くの国では、未成年者がギャンブルをすることは禁止されています。

ギャンブルが合法な多くの国では、未成年者がギャンブルをすることは禁止されています。

オンラインカジノでは、18歳未満の方のアカウント登録を認めず、公式サイトに「No under 18」のロゴを明示しています。

依存症対策としてのセルフコントロール機能

依存症になるかならないかは、基本的には自己責任です。しかし、実際には、ギャンブル依存症に陥る人が特別に弱い性格であるとは、そう簡単には言えません。

その時の環境や心の状態に大きく左右されます。オンラインカジノでは、ユーザー自身が依存症を防ぐための対策を講じることができるシステムが用意されています。

これには、1日、1週間、1ヶ月間ログインできない、一定金額以上のベットができない、一定時間が経過すると自動的にベットできなくなる、などがあり、これらはすべてユーザーの判断で作動させることができます。

レオベガスでは、独自のセルフコントロールツール「LeoSafePlay」を開発しました。

依存症相談機関との提携

セルフコントロール機能に加えて、オンラインカジノは、ギャンブル依存症の兆候に気付き始めた人のための国際的なカウンセリングとサポートサービスと提携しています。

これらのサービスには、Gamcare、Gamblers Anonymous、Gambling Therapyなどがあります。多くのオンラインカジノの公式サイトには、これらの組織のロゴが掲載されています。

オンラインカジノの法律合法か禁止か。賭博禁止法の利点

賭博が禁止されている国では、国民のほとんどが賭博とは無縁の生活を送っているため、賭博師の人口は減少します。

しかし、日本のように一部の公営ギャンブルが認められている国では、公営ギャンブル依存症に陥る人がいるのも事実です。

賭博を禁止するデメリット

古代から現代に至るまでの歴史の中で、世界中でギャンブルに関する法律の禁止と緩和が繰り返されてきました。禁止を緩める理由は、そうすることによる弊害があるからです。

禁止されていても、ギャンブルを楽しみたいという人は後を絶ちません。

禁止されていてもギャンブルを楽しみたい人がいて、その人たちに法律を回避してギャンブルを提供しようとする人がいます。

このような闇のビジネスで違法に利益を得ている人たちがいます。闇商売で得た利益には税金を払う必要がありません。

また、闇のビジネスですから、不正があっても発見しにくく、誰も止めることができないため、犯罪の温床となっています。存在を許さないのであれば、それを立法する権利はありません。

ギャンブルを合法とするか禁止とするかについては様々な議論があり、各国がそれぞれの歴史や政策に基づいて決定しています。

日本では、賭博を禁止する国から、公営ギャンブルを認める国へ、そしてIR法案によって、特別にランドカジノを認める国へと移行し始めています。

オンラインカジノに関する最新意識調査の紹介動画!

安心してオンラインカジノを楽しむ方法

安心してオンラインカジノをプレイしたい時は、海外オンラインカジノをおすすめします。その次は、海外オンラインカジノの良い点を紹介します。

海外オンラインカジノは違法ではない

最近、海外の国々でますますオンラインカジノとネットギャンブルの合法化が進んでいます。

アメリカ合衆国はもちろん、英国、マルタ、ウクライナでもそのような法律が次々と採用されています。

つまり、海外ではネットカジノはライセンスさえあれば、通常通りに運営が可能です。

つまり、海外ではオンラインカジノが違法ではなく、完全に合法です。では、海外オンラインカジノの良い点をいくつか差し上げます。

  • 海外ネットカジノは政府に認められているので、違法ではなく、完全に合法です。
  • サーバーと運営者が国外にあるので、万が一問題があれば日本の法律で処理が難しいので、不起訴になる可能性が極めて高いです。
  • 日本にいながら世界的なレベルのカジノを自宅で楽しめます!ライブカジノでは、ランドカジノの雰囲気と臨場感も楽しめます!

その他に、安全に海外オンラインカジノを楽しむために次の注意点を確認しましょう。

  • ネットカジノを運営する会社の情報を必ず確認しましょう。
  • 個人情報がちゃんと守られていることに注意しましょう。
  • 入金・出金が透明で安定しているカジノを選びましょう。
  • ライセンス、あるいは認証があることを見てみましょう。
  • 運営者が実在する国、会社がその国に登録されているかどうか確認しましょう。
  • 信頼できるライセンスはイギリス、ジブラルタル、マルタ共和国に発行されています。
  • 第三監査機関によって承認されていることも確認したほうが良いです(eCOGRA「イーコグラ」やTST 「Technical Systems Testing」、GLIなど)

最近は、日本人向けのオンラインカジノが頻繁に見かけるので、日本国内に運営されているネットカジノが違法であることを覚えておきましょう!

日本でネットカジノをプレイするのがなぜ安心なのか

上記の文章からもう既にお分かりいただいたと思いますが、カジノを楽しめたいなら海外オンラインカジノが一番安全な方法です。まずは法律の方面からみてみましょう。

ネットカジノの運営者が合法に活動すれば、所在地の法律をまず違反することがありません。

すなわち、オンラインカジノをプレイすること自体が違法ではありません。

要すると、オンラインカジノのプレイヤーを裁くために、まずカジノの運営者を有罪する必要があります。

それができなければ、利用者(お客様)の有罪の根拠がなくなってしまいます。厳密に言うと、2016年の逮捕事件もその理由で不起訴になりました。

日本の法務の立場としては、利用者より胴元(運営者側)を裁くべきです。
そうは言っても、ネットカジノを利用した上で注意事項もあるので、プレイする前に必ず読んで、日々気を付けましょう。

  • 日本人のディーラーがいるオンラインカジノをプレイしないこと。
  • 日本人専用のネットカジノを選ばないこと。
  • SNSなどでオンラインカジノをしていることを公開しない、口に出さないこと。
  • カジノで儲けた金額を公開しないこと。
  • カジノのチャットで個人情報を公開しないこと。

上記のルールさえ従えば、まず法律に関する問題の9割を防ぐことができます。

安心してオンラインカジノを楽しめるウェブサイト

この記事を読んでいただいて、オンラインカジノの安全性を確かめたでしょうか。
カジノを楽しめたい時はぜひ最強カジノのオンラインカジノランキングを参考したら嬉しいです!

良質なオンラインカジノだけを紹介しているので、詐欺やイカサマのことを心配せずにプレイできます。

まとめ:オンラインカジノは日本でも合法

オンラインカジノは、ギャンブルが合法な国にある企業やサーバーによって運営されています。

日本の法律は適用されません

実際、オンラインカジノの利用者が逮捕されましたが、違法ではないということで不起訴になりました。

また、オンラインカジノで獲得した賞金が一定額を超えた場合、確定申告をして税金を納めなければなりません。

これらのことを考えると、日本ではオンラインカジノは合法であると考えられます。

オンラインカジノの法律について様々な角度から確認してみました。インターネットというボーダレスな世界であっても、ギャンブルに関する法律は国ごとに異なります。

そのため、オンラインカジノが違法か合法かで意見が分かれる部分もありましたが、日本のオンラインカジノに関する法律はすでに問題ないと解釈できます。

タイトルとURLをコピーしました